京都での家族婚は、和装で神前式が人気です

家族婚を京都で挙げる人が増えています。


家族婚とは、家族と親しい友人だけで挙げる式で、今とても注目されています。

今は昔の様に、結婚式にお金を掛ける人は少なくなり、少人数の結婚式が主流です。


多くのゲストを招待する意味は余りなく、合理的な考えを持つ人が多いということかもしれません。
特に京都は、パワースポット巡りでも人気で、世界遺産になっている神社仏閣も数多くあります。ですから、厳かに神前式を挙げたいという理由もあり、家族婚が選ばれています。

最近はネット予約もでき、衣装も豊富な種類から選ぶことも可能で、全てネットだけで行えます。

京都での式だからと言って、洋装ができない訳ではありません。

一つ上の京都の家族婚に関するご案内です。

ほとんどの人が打掛などの和装ですが、前撮りと言って、式の前に、美しい風景の中で、ウエディングドレスで撮影することもできます。



あくまで写真撮影だけですが、写真に残せるので、洋装を着たい人には便利なサービスです。

京都が選ばれるのは、春は桜、秋は紅葉と、美しい風景にありますが、歴史を感じさせる古都ならではの雰囲気が良いのも理由の一つです。海外からの観光客が真っ先に訪れるのも京都ですから、やはり惹きつける魅力があるのでしょう。
特に海外の女性は、着物を着てみたいという願望が強く、お土産として必ず購入するのが着物だと言われています。

その着物を着て結婚式を挙げるのは、とても素晴らしいことに違いありません。



これからも、益々家族婚が増えていくでしょう。